2011年04月30日

関西巻きと関東巻き

なんでか関西巻きと関東巻きについての記事が多いような気がします。


関西巻き週間

関東巻きと関西巻きな話


どだ?同じ帯を関東巻きと関西巻きで巻いてみたらこんな風に柄が違くでてきました。


こちらが関東巻き。
ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜


こちらが関西巻き。
ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜

叔母は多分関東巻きだったと思うのですが、その辺は特に柄とかを気にしてた訳でもないと思う。
それともおばも義母と同じ関西巻きだったんだろうか?
私は関西巻きにした柄の方が好き。


久々の投稿できて嬉しいな。ありがとう!
こなつ
posted by 夏 小奈津 at 22:33| Comment(0) | キモノな毎日〜雑録〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年を取ると帯締めの位置が低くなる理由。(知っている人は飛ばすこと!)



帯は殆どもらい物です。買ったのは一本。あとはお誕生日プレゼントにしてもらったのと、娘を産んだお祝いにもらったもの。あとは義母と叔母からのお古です。

それで気づいたのですが、叔母からきた帯で2本くらい、どうしても短いなあと思う帯があるんですよね・・・。そういうのってお太鼓を作る時にタレの上、お太鼓の中に折り込む部分が足りないんです。
それの意味が分かるかどうかって本当にすごく大事なんですよ、今日の話は。



ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜



よく着付けの本に帯締めの位置が高めだと若く見える、あるいは若い人は上の方に帯締めを締める、逆に低くなるとふけて見えるって着付けの本に書いてありますよね。それで以前私はふけて見えるって言われてもなんとなく低目が好きだからこっちに決めました、という記事を書きました。(→ココ

話はぜんぜん変わりますが仙台平と呼ばれる白と黒の縞の袴、細い方がふけて見えて太い縞だと若く見える、とか。そういうのって何?私としてはどっちでも若いとか老けてるとかないんだけれど、太い縞だとはっきりくっきりしているから派手、ということ?

とか、ぜんぜん根拠が分からないんですけれど、若く見えるだと老けて見えるだのあるよなあって思っていたのです。だけどこういうことには絶対意味があるはずなんだよね。

そう、たしか衿の抜き方とかお太鼓の膨らみ方も、年取った時の骨格に関係していると笹島寿美先生がどこかの本に書いていらっしゃいました。



で、帯締めの位置に戻る。(常にこれはみんな知ってる事なのか?という不安はぬぐえないけれど私にとっては膝を打っちゃうほどの「ナルホド!!」感だった。)

先に書いたように、帯が短いとタレ(ベロと言う人もいる)の上にお太鼓を作る時に中に折りこむ部分が上の方まで行かないんです。テで抑えるときもすっごい細心の注意を払って、お太鼓の下線ギリギリにおいて、内側に入れ込んだ部分を必死で押さえる、みたいな。

$ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜


私が説明している「折りこむ」部分とはこの図の青い部分なんだけれど、ココが短いとテで抑えた後に帯締めで抑える時にかなり下にしないと押さえられない訳です。ね?べローンてお太鼓が落ちちゃうよね、ココをキチンと抑えないと。


さ、ここからが大事だ。
つまり!!!
1. 一人の女性が同じ帯を締め続けたとする。
2. 結婚して子どもを生む。綾小路的に言えば「そんなころもあったのです、いまはこんなだけど」的な体型の変化があったりする。それは昭和、平成の世の中だけとはとても思えない。
3. 帯はあの頃は余った帯が最近は・・・と言う事になる。
4. 帯締めの位置は低くなる。



・・・・。
そういうことだったか・・・。
そういうことだったか・・・。



そういうこと、だったのね。


お付き合い頂き、ありがとう!
こなつ




posted by 夏 小奈津 at 22:33| Comment(2) | キモノな毎日〜雑録〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宣言どおり

押忍!

洗ったよ。宣言どおり。ウール洗った。
風も適度にあったので数時間で乾いた〜〜!
ラクダ色の方は上前の膝下辺りにチョコレートの汚れがあったんだけれど、そこが少し残っていた。
やっぱり気づいた所は丸洗いする前に少しつまみ洗い位しておくべきなんだね。

よく汚れたらその場でって本には書いてあるけどね、面倒くさい。どうせそろそろ洗うからいいやって思いながら一週間二週間・・・


$ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜


今日さ、帯締めの位置が低い=年がふけて見えます の理由が分かったんだよね。みんな知ってるかもしれないけどね、私は今日ね、やっと合理的に分かったの。
明日はそこんとこ詳しく書きますね。

ありがと!
こなつ

posted by 夏 小奈津 at 22:28| Comment(0) | キモノな毎日〜雑録〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

ウールは洗おうぜ!

なんかちょっと初夏っぽい天候が続いておりますなあ・・・
もうウールは洗おう。

$ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜

冬から着ているものでも少し春っぽくとか涼しげにとかしながらしのいできたのですが、もう暑くてだめな気がする。綿物を着たりしています。(あ、写真はウールです。)
来月になれば麻が入ったのも着ちゃおうかと思っています。それからサマーウールと。



こなつ
posted by 夏 小奈津 at 14:45| Comment(2) | キモノな毎日〜雑録〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

新しい帯追加。

先日義母が箪笥を整理していてまたひとつ帯が出てきたのでもらった。

$ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜

バティックみたいな帯、憧れだったんだよねー!これも叔母からやってきた帯なのです。
以前ツイッターで似合う着物と似合わない着物の話をしてた事があったんですが、着物顔、というんだろうか。着物を着慣れてくるとそういう顔になるような気がする、と。それから年が行けば似合ってくる着物があるんではないか等。そうそう、そうよねー、と言いながらも、「だけど、どうにもこうにも似合わない着物ってある」

着物はみな同じ型ではありながらも着方によって雰囲気が変わるし、もちろん生地の色、風合いによっても雰囲気はすごく変わる。私の義母はとても「粋」な物が好きでそういうものが多いけれど、私は好きでもあまり似合わないみたいな気がする。どちらかというと、義母のこの年の離れたお姉さん(義叔母?)の着物や帯がしっくりくる。

この帯も義母なら選ばない帯だし多分義母は締めたことがない。

ふだん着物宣言〜在宅勤務・育児・お針あそび・読書の日々〜

こういう民族柄というか民族衣装っぽい生地はとても素朴で心休まる気がする。
今日は叔母からもらって自分でツギハギした着物と合わせた。


ありがとう!
こなつ
posted by 夏 小奈津 at 15:33| Comment(2) | 箪笥の中身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。