2013年08月05日

いたばし花火大会へ行って参りました!

毎日お暑うございます。おはこんばんちは!
もうね、記事ストックがなくなりましてギリギリで書いております。腐った記事やら小説やらを更新する事が増えたので、せめて着物記事を小さいのでもいいから更新を毎日にしよう!って決めたら案外直ぐになくなるもんだね。

さて、いたばし花火大会に行って参りました〜!去年は隅田川花火に行ったんだけど、やっぱり隅田川は人出がすごいし、ちょっと見に行くって感じだともう見る場所もなくてね、きゅうきゅうな感じなのよね。それに比べると、だけど、いたばしは程よい混雑だったように思います。今回は招待席で拝見できたので、そのお陰もあるか・・・。

↑こんなんさ、写真でみると本当にちゃちいのよね・・・。でも本当に素晴らしい花火大会でしたよ。なんでも「いたばし」の花火は技の花火大会なのだとか。匠の花火とかもあったし、花火を堪能できました。

私は小さい頃は、花火大会なんてせいぜい町会の子ども会とか、あとはいつも家から見えたら二階のベランダから見るくらいのものだったんだけど、義母も夫も江戸っ子なんだよなあ。花火大会とか大好きなので、結婚してからは割合と「おし!行くか」という感じで出かけることが増えました。

夫も浴衣を着て行きます。若い頃から着ている浴衣。少し身幅が狭くなったなあと言いながら着ています・・・。

娘の浴衣、本染めの方を着せたかったんだけど、何故なの?7月の最初に着れた赤い浴衣がもう着れないってどういうことなの?ということで、いくらかこちらの方が大きかったので急いでアイロンを当てて着せました。肩上げとか直してないので少し小さく見えますがどうやら赤い方よりは少し大きい・・・。

私はといえば、相も変わらぬ浴衣で・・・


銀座のゆかた歩行者天国もあったようですけれど、若者の着物離れみたいなことが叫ばれて久しい気がしますが、いたばしの花火大会でも沢山の華やかな浴衣姿を拝見しました。お洒落男子も増えて、男の子も沢山浴衣着て来てたよ。海外にもFireworksはある訳だけど、やっぱり日本ならではなのじゃないかな、浴衣を着て花火を見る夏、いいなあ、しみじみと、いいなあと思いました。

いいですね、日本の、夏。
こなつ


♪パンと鳴った花火が綺麗だなあ〜♪


にほんブログ村





posted by 夏 小奈津 at 09:50| Comment(2) | 遊び場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

しじらの紫、着てみた。または氷"スイ"の話。

久々のお出かけ着物、と言えばそうなるのかも。
紫のしじらの浴衣というか夏着物というか、着てみた。私には地味な色なのかなあと思ったけど、やっぱり地味だった気がする。どうも砂かけばばあの色だったらしいwというのも、深大寺の鬼太郎茶屋に行って知ったのでございますが・・・、あはは。

いい所でした。深大寺。都内にあんな所があるなんてねえ、と思う。お寺も大師堂も良かったです。真夏のこの時期はちょうどお盆で「切子灯篭」なるものが本堂に掛かってるので見所かも。本堂前の蓮の花もとても綺麗でした。

山の上にお蕎麦屋さんがあって友人の勧めでそこでお側と地元のビールを頂戴しました。(ビールっつうか、ホッピー?だったらしいんだけど、深大寺ビール・・・)玉乃屋さん、という方のお蕎麦屋さんで頂いたのですが、氷、スイがめちゃめちゃ美味かった!!!スイっていうシロップがあるのかなあと思ってお店の方に聞いたら自家製ですと!!さすが。なんていうんでしょうか、レトロな味わい。とにかく凄く美味しかった。真夏に氷スイを食べるっていうのがどんなに贅沢だったんだろうか、という時代を思う美味さ。分かるかしら、通じるかしら、このなんつうか、この、この、感動というか、感慨というか・・・。通じてくれ。

神代植物園とかもあるのだが子供づれでは少し厳しいかなあ。今回はパス!

でも、深大寺と大師堂、二箇所、御朱印を頂いて、美味しい氷を食べて(蕎麦よりもそっちに感動!)満足でした〜!


深大寺の帰りにバスを待っている着物のおばあさまがいて、その方もちょうど似たような色の藤色を着ていらっしゃいました。やっぱ年寄り色だったんかなあ・・・しょぼん。

衿が綺麗にいかなかったなあと思って一日過ごしたらやっぱり衿が離れてしまっていてこれもまたしょぼんでした。しょぼん尽くしだよ・・・。


藤色に黄緑色の帯を合わせました。これについても色々思うところがあったので、また別記事にします。。。



ついつい甘えたくなる・・・
こなちゅ

posted by 夏 小奈津 at 21:55| Comment(0) | 遊び場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

四谷、おもちゃ美術館と消防博物館

おもちゃ美術館消防博物館へ洋服で行ってきました。すんごい遊べる。一日中いたのにまだ足りなかった。どちらも一日かけて遊べるね。計二日。

特に私が興味があったのは、消防博物館の5階。火事と喧嘩は江戸の華っつってね。火消しの半纏とか、纏(まとい)とかが見れるのだよ。アアアア見たかった。じっくり見たかった。友人が子どもを見ててくれるからゆっくり見てきていいよ、って言ってくれたんだけど、また来ればいいから、と思ってとりあえず今回はさらりと。。。

絶対絶対また行く!!

追記:おもちゃ美術館は入場券を持っていれば再入場が可能(2013年6月現在!)なので、お昼ご飯を食べてまた入れるというのが魅力的です。私たちは、おもちゃ美術館を出て、JALシティホテルまで行ってビュッフェを食べました〜♪ランチのフリードリンクにはアイスコーヒーが入ってないので注意。別料金結構お高めでとられちゃった。(250円別料金でアイスドリンクがフリーになるんだけど、そこにアイスコーヒーが入っていると思い込んだ・・・ううう)

おもちゃ美術館で和が好きな人の見所としてはだね、まず4番ルームの木製のおもちゃコーナーの「たくみ」。江戸時代の釘を使わない巧みの技が体験できるブロック。それから3階の赤い部屋が和のおもちゃの部屋だよ。剣玉、駒回しなど。それから3階の奥イエロールームで楽器が触れます。木魚があるの、木魚。うちの娘は、木魚を叩きながら真言宗の真言を唱えてたよww

是非楽しんでね〜♪


こなつ
posted by 夏 小奈津 at 20:29| Comment(6) | 遊び場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

お出かけ着物(めでたい篇)

思い出しました。お正月らしい着物を着ていなかったので、先日お出かけする時にせめてお正月らしくおめでたくと思いながら着たのでした。

でもやっぱりどこも変わり映えのない・・・。いつものサーモンピンク、もとい、珊瑚色と呼びたい。鮫小紋の着物に濃紫の帯揚げとお正月に締めたい度がUPする帯

この帯は硬さがよい。締めやすい。帯の地も芯もすごくいい感じで好き。
帯留に例のカメ子をする。
三分紐はセンダイヤさんの特価品。茶色かなあと思ってたけどこうやって締めてみるとレンガ色とかオレンジ色とかにも見えてくる。微妙な色は賢い


草履も紅白でおめでたく。


サンシャインのプラネタリウムに行ったんだ。世界遺産の旅。素敵だった。ドームの中で見ると3D映画なんてけち臭く思えるほど素晴らしい景観を観れてとても楽しんだ。

こなつ

posted by 夏 小奈津 at 16:34| Comment(0) | 遊び場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

江戸東京博物館LOVE<3

深川江戸資料館も面白いけどなんといっても好きなのが江戸東京博物館

中学校時代からの同級生でいまやママ友である友人家族と出かけた。
子どもが小さいので色々な話をたんまりできるわけではないけれども、懐かしい顔をみて偶に子育ての話をしつつ、子どもを遊ばせつつたっぷり遊んで満喫。

結構子連れも多かった。エレベーターがあるのでベビーカーも大丈夫だけど、ガードマンつきってのがちょっと面倒くさそう・・・。でも広いし博物館といっても触っちゃダメとかが少なくて逆に体験型で、大名籠に始まり千両箱を担いだり、纏(まとい)を振れたり、江戸の町を再現した小さな模型に釘付け。


おしゃれな洋服は持っていないので着物で出かける。
若夫婦と老夫婦に間違われないように若い着物姿を心がけた(笑)

インド綿のストールを帯揚げにして、赤の帯締め。

普段着物で家事育児してます。


先日実家に帰ったときに購入した麻の布の刺繍のバッグ。草履も赤と白のお誕生日に買ってもらったものなので赤がポイントなきもの姿になったかな。


$普段着物で家事育児してます。


どうにもこうにもオシャレじゃないけどコーディネートなブログになったところで今日はお開き。

こなつ
posted by 夏 小奈津 at 20:49| Comment(2) | 遊び場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。