2012年11月28日

普段着用ポリエステル帯


断捨離、だんしゃり、って言いながら色々なモノを捨てた。着物のものも大分捨てたんだけど、帯は結構生き残って、着物一枚に帯三本といいますが、帯を色々変えるとそれだけで結構飽きずに同じ着物を着られるのよ、私は。

そんな訳なので、普段着着物には帯を沢山、だよね、って思ってるという記事を先日書いたのですが、ええ、もう、お分かりですね、完全に言い訳

ちょっとした名古屋帯が欲しいなあって、ぼんやりと思っていたの。普段着でも、お太鼓をするほうがずっとステキだしな・・・。汚れても気にならないテキトウな9寸が欲しいな。安いやつ・・・。こういうときに楽天をさまよい歩くのは非常に危険。非常に危険だなあって思いながら楽天をさまよい歩いていたの。その時間を別のことに使えばよいのに。たとえば、アイロンがけとか、先延ばしにしている家事ならいくらだってあるのに・・・。

それで目に留まってしまったのが2000円を切る京袋帯
白っぽい帯に弱いんだ。扇の柄も古典的でいいなあとか思って、これをクリックしたらまた、可愛い帯が結構あるのよ。大好きな七宝柄とかさ。

それで止まらなくなって、あれこれポチポチして5本も買おうとしていたの。隣でゲームをしている夫に、「帯が安いから買ってもいい?」ってきいたら「もちろんいいよ」と言うからじゃ、買おうと思ったんだけど、さすがに最後の最後で、「5本もいらなくない?」って思って。

「5本は買いすぎだよね?」

「・・・・安いって言ってたけど、5本ていうのは確かに多すぎるんじゃないの?」


そんで、5本の中から2,3本に減らそう、ということになってこの2本が残りました。



結局当初の白っぽい帯が入ってない件www
この黒い帯は色違いもあったんだけど、一目で気に入って、合わせる着物のこととか考えずに気に入ってしまった。夫も、これはいいね、と即決でした。
半幅帯の方は、完全に当初の目的を忘れていて、でも、なんだかんだで半幅、使いやすいよね・・・と。激安だしね、と。

物欲の虜だよね。

和装のものは高い、って思うんだけど、よく探していると、こういう激安なTシャツ的和装小物もあるんだよね。
黒い9寸は松葉仕立ての名古屋帯。(松葉仕立てというのは手先のほんの少しだけ半分に折ってかがってある)1980円。そして、半幅のほうはリバーシブルで1,111円。送料は600円。送料はバスの往復より高いので少し高かった、とは思うけれど乗り換えがあったと思えばね。


あらたに我が家の着物de家事育児生活に仲間入りした帯。
ざっくざっく洗えるからね。汚れても心配なーい。でもさ、そんなに汚れることあるっけな・・・。
ま、いいさ。


*京袋帯* 【日本製】カジュアルな全通総柄のお仕立上がり
“国産京袋帯”(灰桜色に扇尽くし/裏:...
¥1,980
楽天


こなつ

posted by 夏 小奈津 at 15:47| Comment(4) | 着物と物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物欲との戦い

帯を買ったら、帯揚げが欲しかったことを思い出した。(思い出した、っていう時点でそれは必要なものなのか?と自分に聞きたい)紫色の帯揚げ欲しいなあって思いながらまた楽天をうろついて、おっと!正絹の良いのを発見!

帯揚げは無地が好き。


そうしてたら、ちょっといい感じの帯締めがあって、安かったからこれも一本買っちゃいました。


この帯にピッタリ。(あと、たぶんあの帯にも合うんじゃないかな?)




ゆるぎ(冠)が好きで丸組はそんなに好きじゃないんだけど、たまにはいいかなと思う。

本当に物欲との戦い。


ある時これさえあればもういい、他はいらない、と思うのになぜか暫らく経つと別の何かが欲しくなってしまう。煩悩。キリがないのだ。


こうして買物をかさねてまた断捨離を迎えるのだろうか・・・。
もう少し慎重にお買物しないと・・・。


こなつ

posted by 夏 小奈津 at 15:46| Comment(2) | 着物と物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

むふむふ。

雨の日の草履のことを書いたことがありましたっけ?(ある。)

そろそろ東京も雪が降ったりし始めましたね。去年の雪の日のお稽古はバスを乗り間違えて大変だったなあ…。

お買物をしました。
ご存知の通りだんしゃり中なので本当に色々なものを捨てています。だけど、これは必要!と思ったので買いました。


普段着物で家事育児してます。



実は、先日踊りの先生が「ぜん屋」さんの「つまさき美人」 → 訂正!! ぜん屋さんで売っている「美人のつま先」をこれ、オススメ!と言っていて、というのは多分劇場内で脱いだりできること、出先で晴れた時に雨草履を履いているよりは途中で取れると見た目がいいね、っていう話なので、私のように雨の日のお稽古に行って帰って来るだけなら普通に雨草履を買ってもいいだけの話なんだけど、雨草履も「つまさき美人」もとい「美人のつま先」も私にとっては安い買物じゃないので、いいや、下駄でってずーっと下駄でしのいで来ているわけなのです。(その下駄はコレ

下駄に普通の足袋を履いて出かけて、ついたら足袋を履きかえる、と。
でもまあ爪皮くらい持っててもバチあたんないよなあ。って思って。
作れるみたいなんだよなあって思って。


作っちゃおうかなあって思って。


そのバンビ風の毛皮を何につかうのかなーって思ってる人、いるかもね。
爪革ですよ、もちろん。もふもふのね。


むふんむふん(←意気込み。)



こなつ





posted by 夏 小奈津 at 22:18| Comment(0) | 着物と物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

普段着に着物を着る決意新たに。

さ、もうバカホはやめた。捨てまくった時に捨てたのではないかと思われていた私のボロボロのガラ携が出てきた!ので、久々の自分撮り。


普段着物で家事育児してます。

この着物、意外とどんな帯でもいけちゃうのね。
ピンクベージュ地に茶色と薄い朱色の点々の柄です。


さてさてさて


実は、実は、実は。。。。


すごい事をやった。。。。


ときめきの片付け、というのがあるが、我が家で(義母と私の間で)にわかにブーム。ボックスティッシュが無くなったら取り替えるのが面倒くさいボックスティッシュ入れとか、プラスチックの調味料棚とか、ぜんぜん使えなくて掃除だけ大変な段違い飾り棚(小)とか、捨ててやった!!!

でも、こんなんはちっとも「すごく」はない。
私がやったすごい事、というのは・・・


ときめかない着物を捨ててやった!ゼィゼィ・・・

虫食いや解れが酷く毎日少しずつ直す着物、普段着にはもってこいの着物。
だけど、この着物を着てバスに乗るのは躊躇われる、と思うような着物をやっと捨てた・・・。

虫食いもなく、ほつれもたまーにですむウールの着物、商店街のおばさんからもらったものを一枚。
柄が変わっているので目立つし自分にすごく似合っているとは思えないけれど、掃除洗濯に耐えて頑張ってもらえる着物だと判断。もし急な用事があってバスに乗る事になってもぼろくて恥ずかしいと思う事もないし。(正直虫食いなんてじぃっと見ないと分からないよな!って思って来たけれど、やっぱり自分が知っているからなんとなくなんとなく躊躇してしまうんだよな。)

夏のサマーウールを一枚。虫食いもあるけれどさほど目立つような虫食いではないし柄も気に入っている。バスに乗れる。電車だと少し躊躇するかもしれないけれども。


それから今日着たこの木綿の一枚。一年中着られるしサイズもぴったり(少し丈がながいけれど)。バスも電車も乗れる。お稽古に着ている一枚。


正絹の着物で一枚、どうしても着ないようなものがあったけれど気持ち的に捨てられなかったのでその一枚は大事に柳行李にしまった。それと多分着ないとは思うけれど綺麗な山水の色羽織も。
その二枚は祖母の思い出だ。

本当は縞縞のウールも、祖母を思うと捨てたくなかったけれど、虫喰いもひどく生地そのものの傷みがはげしかったので生かせる部分だけ取って置いて捨てた。

義理の叔母にもらった着物も散々着まくって本当にボロボロになるまで着たので思い切ることが出来た。

ガレージセールで300円で買った着物も帯も締めないものがあったから思い切った。


ときめきの基準にしたのは「お稽古に着ていけるかどうか」「その着物でデートにいけるかどうか」。(そして見たときに幸せになれるもの→祖母の着物、は取っておいた)



私は着物を普段着にしていく、と新たな決意をした。
だから一枚一枚の着物を大事に着ていこう、と思う。
滑り台をすべる着物だから、掃除洗濯に着る着物だからどんな物でもいいや、というのではなくて、滑り台をすべる瞬間にも、掃除洗濯をする時にも、少しだけでもいいから「汚れるとしても沢山は汚れませんように」「袂を破きませんように、身八つが破れませんように」と思いながらブランコに乗ろう、家事をやろう。大事にしている着物を毎日着ていこう。


今年もまた一年着物で家事・育児・仕事に勤しんだ。
この歳で始めた新しい習い事を自分のペースで頑張った。
着物で暮らす事と洋服でいる事の自分の気持ちよいバランスを保ち続けた。
また来年も自分らしく着物生活を送りたい。

決意新たに普段に着物!
こなつ










posted by 夏 小奈津 at 23:09| Comment(0) | 着物と物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

ドクターショールと便所サンダル


お寺のトイレとか、古い旅館のトイレとか、いわゆる幽霊さんと仲良しさんな感じの花子さん的トイレにありそうな「つっかけ」風のサンダルを購入。



$普段着物で家事育児してます。

今流行りの…あ、ちがう、つまり再び(ダブルコームに引き続き)完全に遅れを取っている話題であるところの「断斜離」。やっています。私も。だから新しい物はできるだけ買わないって言いつつなんで買っちゃったんだろう。

若い頃、というのはつまりお小遣いの使い道に困らなかった頃の話ですが(笑)冬の終わりに安い〜〜って買ったブーツ、過去の引越し2回で古い物は捨てながら、結婚・自宅勤務・着物生活をしているあいだにすっかり「熟成」されて、去年着物生活の隙間でたまに出しては履いたのですが、箱から出して履いては「あれ?」となる。そうなんだ、熟成って傷みなんだよな。可愛かったのにぃ、おろしたてなのにぃ、としょんぼりしながら2,3足捨てたかな?

夏のサンダルはブーツより傷みが早いので傷んだ物は惜しみなく捨てていたのですが、気に入っているサンダルがあってソールやら中敷やらを取り替えながら履き続けてきたサンダルが一足あって、それも今年はもうお役ごめんにしてあげよう、と捨てました。あまり履きやすくなかったミュールも今年たっぷり履いて捨てました

ご近所用に掃いていた下駄があちこち欠けていたのでコレも捨てて、……



そうです、言い訳ですよ・・・。



とにかくそんなに捨てたのですし、「そうだな、ちょっとその辺まで行く時のサンダル、真夏に履いてバスに乗れる位の感じのサンダルが欲しいなあ」と思ったのです。

下駄の事があるので(前出の下駄は1000円の安い下駄だった。)ちゃんとした物を大事に履こう、と思って、そうだなあ、サボとかいいかなあ。でも、ヒールがあまり高いと「着物に合わないし」


考えてみたら、ご近所あたりで履くサンダル = バスに乗っても許される位の 且つ 着物に合うって「欲張り」というよりもなんか「絶対に答えが出ない方程式」みたいじゃん。

そんでアレコレみてドクターショールの履くだけで運動になるという(この辺が真夜中のショッピングTVみたいで良い)触れ込みの赤い甲と金具が可愛いサンダルを購入したわけです。木製だからナチュラルな感じもして、ヒールもそれほど高くないから着物でもいいなあ。この可愛さならバスとか乗っても大丈夫そうだよなあ、とか買った瞬間はね、魔法にかかってるから。


で、こう、履いて・・・。
家の前の掃除をしてみたり、ごみを出しに行ったり、商店街へ行ったりしてみたわけですよ。これ、履いてるだけで足細くなっちゃう「かも」しんないんだもんね!とか言って。

完全に便所サンダルだよね、って気づいた。そうね、家で履いた瞬間には気づいていたのかもしれない。信じたくはなかったけど、完全に便所サンダルだなあって今は思ってる。

ああそうか、着物と共存できるサンダルの形というのは、普遍的に、便所サンダルなのかもしれない。そう、伝統への回帰、と言っても過言ではないだろう。


断捨離の際に理性の重要などこかを確実に捨て去った感がある
こなつ


posted by 夏 小奈津 at 00:09| Comment(2) | 着物と物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。