2013年06月23日

しじらの紫にしました。または「紫が高貴な色」についての考察。

Charlieさん、紫にしたよ。抹茶、決めました?

騒いでいたしじらの浴衣、結局藤紫を購入しました。ピンクは持ってるし、抹茶色も自分で作ったダンガリーの浴衣が似た色だし、黒は自分的に手を出すのにちょっと迷う粋さだし、白は持ってるしで。水色とかがあったら即決だったんだけど・・・。

藤色、地味かなあ・・・・。

と思いながら購入。いいよ、アラフォーだし。白いポリの献上帯とか締めて優しい(ヤラシイにならないようにしないと)奥様風に着てみたいです。



実は藤色も色々思うとこがあったんで割りとエイヤで買えました。実は冬場に着ている藤色のニットの羽織物、いつも肌の色が白く見えていいなあ、って思っていたの。(私は色黒さんなのでねー)で、大学時代に勉強した事をふと思い出したりしてね。

というのは、紫は黄色の補色、という色でこれ、美術の時間にならったりしませんでした?補色っていうのは色相環(しきそうかん)という色相を円に並べた円で反対側にある色、ということになるのだけども・・・(このHPとか分かりやすいかなー)、でさ、でさ、ほら、私たちって「黄色人種」な訳じゃない?補色って言うのは多分お互いを引き立てあう色だから、紫色は黄色人種の私たちにはすごく似合う色なのかもね。だから、昔の人たちは紫をこぞって着たがった→紫貴重→紫偉い人しか着ちゃ駄目!ってなったんじゃないかと。


いや、調べた訳じゃないから分からないけど、そうなのかなーって。あ、それとも皆気付いてた?今更?

ま、そんなことでですね、紫色、いいかも、って思いまして。

ツマミの着物だったので幅出しなどができないのですけれど、とりあえずめいっぱい大きめに作られているようなのでこのまま着ようと思っています。ま、痩せればいいって話だし。

・・・・。ん?何か?

いつもありがとう!
こなつ


藤色。↓



にほんブログ村
posted by 夏 小奈津 at 22:22| Comment(4) | 着物迷走録〜事件、意見、色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

浴衣と木綿の夏着物

初浴衣!です。更衣は6月だし、アリよね?

幼稚園のバス停にお迎え。ネームタグをぶら下げていきます。

紺地に染めの浴衣
や、白紺の浴衣(こんなんとかこんなのとかこんなの)はゆかたっぽすぎるよなって思ってこの浴衣にしたんだけど、義母には、これが一番浴衣っぽいわよ、って言われました。それが大昔からの浴衣じゃないのか、と。

浴衣と夏着物の線引きについていつもいろいろ思うんだけど、私にとっては浴衣というのは浴衣らしい浴衣、花やら花火やら風鈴やら夏の意匠が染まった染めの浴衣とか、藍色と白の染めの浴衣とかで、それ以外のしじらの無地やら縞やら小紋やらはすべて夏の綿の着物に分類してるの。

だから、私にとってはこの浴衣は、夏着物なの。蚊絣、って思いながら着てるの。

だけど、浴衣風に着ると(あくまで〜風といいたい)、どうしてもだらしなくなるからお太鼓する。ちぐはぐだあね、って言われてもいいの (`・ω・´)キリッ


夏もノンビリ着物生活@普段、やって参ります。

今日もどうもありがとう!!
こなつ



にほんブログ村
posted by 夏 小奈津 at 11:42| Comment(6) | 着物迷走録〜事件、意見、色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

白足袋、という魔法。

最近、着物記事のカテゴライズがめちゃめちゃになってきた。どの辺までが「毎日」なのか、どの辺から物欲とか箪笥とか・・・という訳で、着物生活をぶつ切りにして炒めているブログの主、こなつです、こんにちは。

今日は、ちょっとした主張っていうか「やっぱり」っていうかそんな思いを記事にしてみようかな、って目論んでいます。結論から言って、白足袋を履くだけですこしヨソイキ感が増すよね、っていう話。

冬は寒いので大抵足袋を履くのですが気温が上がってくると素足率が高くなるんです。そして、素足に下駄を履いた姿も粋でかっこいいなあってブログもよく拝見しております。ショートカットだったりすると余計にかっこよかったりしてね・・・。いいよね。憧れるよ・・・。

でも、自分がやるとどうしてこんなにも貧乏くさいのだろう・・・




着物で生活している人たちにもさ、本当に色んな方がいらっしゃってさ、着物が看板になる方もいらっしゃるだろうし、私みたいに本当にどっぷり家事と育児をするためだけの着物を着ている人もいると思うし。

で、その中でも、色んな方がいて、これは家事育児用、これはちょっとお出かけ用、これがかなりお出かけ用なんつって色んな着物を彼是もっている方もいらっしゃるのだと思うのですけれど、私の場合にはどうか?というと、まあ、以前ランクの話なんかもしたことがあるのですが(ここ とか ここ で)、私の場合、案外Cランク(半径500m行動内)とBランク(バス30分圏内)の境があいまいな所もあるんです。あいまいすぎる、というかww

そんな訳で、たとえばこの茶色い格子の木綿の着物なんかも、娘と公園に行ってドロドロにもなりますし、新宿の端っこくらいまでお見舞いに行ったりすることもあるわけなんですね。まあ、簡単に言っちゃえば、着るものが無い訳だからさ、どうにか着られるものは着るよね。


で、同じ着物をどうやってヨソイキにするかっていったら

1. お太鼓を締める

これですよね。もうこれ以外に無いよね、っていうくらいの王道。だけどまあ実際にはさ、羽織もんで隠して半幅ってこともあるし、病院に行く率が高くなればなるほど自分の日常生活に密着になってくるから、半幅って事もありえるかな。実際あるテレビ番組で踊りのお師匠さんをやっている奥様がご主人の病院へ半幅で看病に行っている姿をみたことがありますよ。私の義母なんかなら絶対やらないけど、私はありだと思う。

で、次にどうするかといえばね。

2. 白足袋を履く

これですねー!!

これね、たかがこれだけのことでね、たとえば半幅帯なんかでいたとしてもね、白足袋を履くだけで500キロ圏内Cランクがね、Bランク近くは行くよね。バスでね、30分は厳しいこともあるけど20分は行けると思うの。着物とその半幅帯によってはね、30分?行けますよ、ええ、行ける、行けます。

ずっとそう思ってた。だから今回は写真を撮ってみたの。全身画像だともっと分かりやすいだろうなって思いながらの足元のみでごめんなさいませ。





ほら、増した。

増したよね?

増したでしょ?


増したんじゃない?



むしろ白足袋という呪文。
こなつ

posted by 夏 小奈津 at 11:42| Comment(4) | 着物迷走録〜事件、意見、色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

腰の補正しないと、こんな


補正についても色々考えたりします。ここ最近では胸元の補正について

今日は腰、の補正について少し考えました。

何しろ、補正については色々考え方がありますよねえ。普段着なんだから、って思うと補正なんかしなくても、という意見には私は基本的にサンセイなのです。んな面倒くさいことやらないですむならやらんくて良い。

けど、色々と考えるところがありまして、私はいつもは腰に補正をして着物を着ております。いまや下着の一枚になっているので特に面倒は感じません。くるっと巻いて紐をネジネジするだけだし。(→私の腰補正部品


けどね先日、吊るしの遠州木綿(のてんやわんやはココ)がまだ懐いてくれなくて、襟元が気になるは、思ったよりも地味だった着物の帯に逡巡するやらで、うっかり補正忘れちゃった、の写真がコレ↓↓↓




この写真だと「もろもろの事情で」写っていないのですけれど、おしりが大きすぎるのでね、ここに補正をしないとこんな感じになりますですよ。着物も帯の横から後ろにかけてもなんだか皺が一杯になるしだねえ。見慣れていないせいかなんか変に感じます。でも、前はこんな風に着てたんだなあ。

補正しないと、と思うもの・・・それは(*´∀`)
こなつ







posted by 夏 小奈津 at 22:06| Comment(2) | 着物迷走録〜事件、意見、色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朱色が主軸、という話。

地味すぎたなーと思っている着物、白い帯を手に取りがちなのですが、実はちょいちょい目に入っていた帯がありまして、今日はとうとうその帯を合わせてみました。
↓↓↓



ピンク色は洋服でも着物でも間違いなく「若々しい」「可愛いイメージ」だと思う。小さい頃、ピンクに憧れながらもなかなか着る機会がなかったせいなのか、私は大人になってからピンクをよく選ぶようになった。色んなトーンのピンク、どれも好きなんだけど、洋服では少し暗めとか鈍めのピンクしか選べなくて、小物や着物でドカン!!とピンク欲を満たす事が多い。

この帯はピンクというか朱色とオレンジ色と緑と白と色んな色が交じり合っていて、ピンク色!というよりも朱色に近いような気もする。朱色は着物生活の「主軸」と言うべき色だと思わない?
結構色んな色に合わせて無難な色だなあと思う。私の中では困ったら白か朱色、だな、やっぱり。それと臙脂色。(初心者と和服の色の話はココ、臙脂色の話はココ

そうだな、そんな風に思っていたせいなのか、帯を選ぶ時にちょいちょい目に入ってきたのだった。この着物には白がベストかなあと思うんだけど、白に飽きたので別の色と思ったらやっぱりこいつを選んだ、というところ。

この帯、本当に元を取ったなあ。最近少しヨレヨレしてきたよ・・・。

ヨレヨレしているのは帯だけなのかい?
こなつ

posted by 夏 小奈津 at 21:35| Comment(2) | 着物迷走録〜事件、意見、色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。